簿記2級の試験情報(試験日、受験資格、試験時間、申込方法)

簿記の試験は何種類かありますが、
一番有名なものは、日本商工会議所が主催している「日商簿記」です。
なのでここでは、これから受験する日商簿記2級の試験が、
いつ、どこで、どんな風に行われるのか、一緒に確認しておきましょう!
deb89745e8eb2cecd14d65fa2473e45f_s

簿記2級の試験日は?

毎年3回(2月第4日曜日・6月第2日曜日・11月第3日曜日)

開催場所は?

47都道府県で行われます。

受験資格

年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。
簿記2級、1級から受験することも可能です。
3級&2級、1級&2級を同時受験することも可能です。

合格基準は?

100点満点中、70点以上

試験時間は?

120分

試験内容は?

商業簿記、工業簿記(初歩的な原価計算を含む5題以内)で記述式

試験料は?

4,630円(税込)

試験に必要なものは?

・受験票
・氏人・生年月日・顔写真がすべて確認できる身分証明書
(運転免許証、パスポート、社員証、学生証など)
・筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆、シャープペン、消しゴムに限る)
・電卓(四則演算のみのもの、日数計算、時間計算、換算、税計算、検算 (音の出ないもの)機能も可)

そうそう、電卓は以下の機能があるものは持ち込めないのでご注意を!
印刷機能・メロディ機能・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)・辞書機能(文字入力を含む)。

用意しておきたいもの

教材、ハンカチ、ティッシュ、腕時計、スリッパ、カイロ、ストールなど羽織るもの、目薬、下痢止め薬

合格発表日は?

試験後1カ月~2カ月(商工会議所によって異なります)

申込方法は?

申込受付日時、申込方法は、商工会議所によって異なります。
「申し込み、忘れた!」ということにならないよう、
簿記2級試験の2カ月前には、受験希望地の商工会議所に問い合わせましょう。
日本商工会議所HP

 

次は、「重要! 日商簿記2級の試験範囲が大幅に変わるって本当?」です。