簿記2級Q&A 初学者でもOK? 勉強と仕事を両立するコツは?

簿記2級受験者の不安や疑問を集めました。参考にしていただければ幸いです。
d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_s

Q.今年か来年に簿記試験を受ける予定です。まったく簿記の知識がない状態から、いきなり簿記2級の勉強・受験は可能でしょうか?

A. もちろん、可能です。ただ、簿記2級のテキストは、簿記3級の基礎知識があるものとして作られています。なので、いきなり2級のテキストを読むと、知らない用語や数式が出てきて、訳が分からなくなります。まずは、3級のテキストで、簿記の基本ルールを頭に入れてから、2級の勉強に入るのが一番効率的です。最近では、初学者の方を対象にした「簿記3級+簿記2級セット」などが、通信教育から出ていたりもするので、そういうものを利用するのもいいかもしれません。

 

Q.仕事・家事と勉強の両立は難しいですか?

A.仕事と勉強を両立するコツは、とにかく細切れ時間を利用すること、手を抜けるところは抜くことです。
私は、通勤時間やお昼休み、待ち時間、夕食後のなどの時間を勉強にあてています(現在、簿記1級勉強中)。
こういうスキマ時間を合計すると、一日2~3時間くらいにはなります。

あと、省略できるところは省略することが大切です。
私は掃除を週1日にして、洗濯も週に2回、料理も定食屋やお弁当などで済ませていました。

 

Q.独学にするか、通信教育にするかで迷っています。

A.勉強時間があまりとれない場合(4か月以下)、簿記2級の独学はちょっと難しいかもしれません。なぜなら、
(1)自分に合うテキスト・問題集を選ぶのが難しい
(2)合格までに時間がかかる
(3)わからないところを質問できない
(4)挫折しやすい
からです。

では、通学講座と通信教育のどちらがいいかというと、ケース・バイ・ケースです。
通学講座のメリット・デメリットは
(1)勉強仲間ができ、やる気を維持しやすい。(メリット)
(2)わからないところをすぐに質問できる。(メリット)
(3)質の高い講義が受けられる。(メリット)
(4)時間と場所が制限される。(デメリット)
(5)受講料が高い。(デメリット)

通信講座のメリット・デメリットは
(1)好きな時間、好きな場所で勉強できる。(メリット)
(2)質の高いテキストで勉強できる。(メリット)
(3)受講料が通学よりも安い。(メリット)
(4)その場ですぐに質問ができない。(デメリット)
(5)通学講座よりも挫折率が高い。(デメリット)

資料請求をして、自分の性格や生活スタイルに合った勉強法を選んでいきましょう。

 

Q.勉強を続けるコツはありますか?

A.気分が乗らなくても、とりあえずテキストを開いてみることです。すると、不思議とすんなり勉強モードに入っていきます。
前の章で書いた「マイスタッツ」を利用したり、1週間ごとにタイムスケジュールを作るのも効果的です。
生活にメリハリが出るので、気持ちもシャキッとしますよ。

 

Q.本当に合格できるか不安です。

A.あるスポーツ選手が言っていましたが、「ネガティブな思考はそのまま敗北につながる」そうです。
それは、簿記の試験でも同じこと。

私は、勉強開始の5分間、「みかん集中法」というメンタルトレーニングの時間をとっていました。
後頭部斜め上15cmぐらいのところに、みかんがあると想像して、腹式呼吸をします。
これだけで集中力が高まり、やる気が出てきますよ。^^

【最後に……】

簿記2級は3割をミスしても、必ず合格できる試験です。
気持ちを楽にもって、勉強を進めましょう。
集中が途切れてきたら、チョコレートやココアなど甘いもので一休み。
糖分補給で脳が活性化! 一石二鳥です。

このサイトを見て下さったみなさんに、合格の女神が微笑みますように!

 

→ TOP記事「簿記2級、過去問勉強法や試験のことをわかりやすく紹介します」へ